02-1FLOW

新築をご希望の方

自社で設計事務所も保有しており、多様な要望に対して、
満足度の高い家づくりをご提案します。

完成までの流れ

01|家づくりのご相談

家を建てるということは、建てた会社と建てた後も家を守っていくために、ずっとお付き合いをしていく会社です。

実際に会って、話をしてみないとわからないこともあります。
ご自宅にお伺いもできますし、弊社に来ていただいても構いません。
まずはお会いしましょう。

その際、
・土地が決まっている場合は敷地図 ・家づくりでの優先順位 ・好み ・ご予算/資金計画 など教えてください。

02|土地探し/敷地調査

ー土地探しー
土地がまだ決まっていないご家族も安心してください。
一緒に探しましょう。

土地の良し悪しはなかなか判断しづらいものです。
もしもそこに家づくりの視点が加われば、
実際の暮らしを思い描きながら、
より後悔のない土地選びができるはずです。


ー敷地調査ー
どの敷地にもそこにしかない隠れた魅力があります。

その魅力はなにかを探しに、必ず私たちは現地を見てから間取りを始めます。

現地では、
・敷地条件(土地の高低、境界周辺状況、電気引込や給水、下水の位置など)
・敷地環境(太陽の位置、風の流れなど)
・周辺環境(隣家の窓の位置、緑等の景観、周辺道路状況や駅や店舗までのルードなど)
・施工条件(資材搬入ルート、パーキングの位置、道路や電線の状況など)

役所では、
・法的規制の確認(用途地域、建ぺい率、容積率、地区計画の有無など)

など、間取りや工事にかかわる調査をしっかりと行うことにより、
ご予算にあった最良の間取りを提案できるのです。

03|間取り・お見積のご提案

ご相談を受けてから、おおよそ3週間いただき間取りとお見積りのご提案をさせていただきます。ここまでは無料で対応させていただいてます。

04|設計契約/実施設計

ー設計契約ー
基本設計の間取りと見積金額について
了解をえられた段階で設計契約を結びます。


ー実施設計ー
具体的な構造検討や家を作るための詳細な図面を作成していきます。

05|工事請負契約

通常、工事請負契約となると、工事請負代金の1/3から1/4の支払いが発生することが多いなか私たちはお客様に最大限安心して家づくりをしていただくために、請負契約金として30万円だけいただいてます。

また、瑕疵担保保険の申し込みも同時にしていただきます。

06|図面確定打合せ

確認申請後に変更が起きないよう間取り、外観、窓の大きさ、仕上素材、設備機器、そして、構造を確定します。

07|確認申請

確認申請は、家を建てる前に、現時点での法律(建築基準法)に適合しているかどうかを確認するために申請するものです。

本来、お施主さまご自身で申請することが基本なのですが、図面や専門知識も必要なため、弊社で確認申請業務を代行してます。
これに合格すると、工事を始めることができます。

08|地鎮祭/工事着手

地鎮祭では工事の安全祈願をします。

その後、すぐに着工になります。このタイミングで工事請負金額の5%を請求させていただきます。

09|上棟

構造躯体の組み立てをします。
このタイミングで工事請負代金の10%を請求させていただきます。

随時、打合せをして進めます。

10|仕上工事着手

外壁下地の着手
内装仕上の着手
大工工事の終了
のタイミングで請負工事代金の15%を請求させていただきます。

11|竣工・引渡

引渡し時に建物内覧をして鍵の引渡しを行います。
住宅ローン決済もこのタイミングで行います。

ご依頼はこちらから